スポンサードリンク

ダイナースクラブカードは最近審査が甘くなったって本当?

2019年7月7日

目次

ダイナースクラブカード・・・・クレジットカードを使っている方ならば誰でも一度は聞いたことがあるかと思います。

ダイナースクラブカードはアメックスカードと双璧を成すステイタスの高い高級クレジットカード。

ダイナースの一般カードでもゴールドカード以上~プレミアムカード並のレベルを誇ります。

当然ですが審査が厳しいクレジットカードと世間では認識されています。
だからダイナースクラブカードは一般庶民では入手できないクレジットカード。

・・・・・と言いたいところですが、実は現在はダイナースクラブカードもそれほど審査が厳しいクレジットカードではありません。

以前のダイナースクラブカードは会社経営者とか医師、弁護士などの社会的地位の高い人や資産家しか取得できないクレジットカードでした。

実際に昔のダイナースクラブカードの審査基準は「資産〇〇〇万円有る人」などの条件がありました。

しかし現在のダイナースクラブカードはそのようなハードルの高い条件は無くなりました。

つまり昔よりもずっと審査が甘いカードになりました。

まぁ、審査が甘くなったとは言え、普通の流通系、信販系クレジットカード・・・楽天カードやセゾンカード、オリコカード、ニコスカードなどよりは審査が厳しいです。

他の流通系、信販系クレジットカードよりは取得難易度は高いですが、以前のように会社経営者や医師、弁護士、資産家である必要は無く、普通のサラリーマンでも取得できるクレジットカードとなりました。

だからステイタスの高いカッコいいダイナースクラブカードが欲しい人は今が取得のチャンスかな?

ただ取得できたのは良いけど年会費は22,000円(税抜き)かかります。初年度は無料ですが。。

また家族カードも5000円(税抜き)かかります。

一般の流通系カードや信販系カードよりもずっと高い年会費ですが、「それでもOK」という方はダイナースクラブカードを狙ってみるのも良いでしょう。

ダイナースクラブカードを持っていれば周囲から「凄い!」と思われますし女にもモテます(笑)

ダイナースクラブカードの申し込みはこちらです☆

ダイナースクラブカードの審査落ちをする人の特徴は?

ダイナースクラブカードは昔に比べて審査が甘くなりました。

「よし!一つ申し込んでみるか!!」と血気盛んに申し込んだそこの貴方・・・。

申込んでみたけど見事に・・・・・審査落ち!!

『何だよ~~!ダイナースクラブカードって昔に比べて審査が甘いって言っていたじゃないか~!』・・・とそうボヤく方もいるでしょう。

確かにダイナースクラブカードは昔に比べて審査が甘い。
以前よりも取得しやすいクレジットカードになったことは確かです。

しかし、それでもやっぱり天下のダイナースクラブカードです!!

審査に通る人にはある一定の条件があります。

だから楽天カードやエポスカード、ライフカード、アコムACマスターカードなどの審査が甘いクレジットカードと同じ気持ちで申し込んだら返り討ちに合います(笑)

あまり甘くみないで少し腰を据えて申し込みましょう。

ではどうしたらダイナースクラブカードの審査に通りやすくなるのか?

それは後述します。

ダイナースクラブカードの申し込みはこちらです☆

今のダイナースクラブカードは審査が甘い?審査通過率が高くなったって本当?その理由は??

最近はダイナースクラブカードの審査基準が甘くなった・・・これは事実だと思います。

まぁ正確に言いますと・・・最近のダイナースクラブカードの審査が甘くなったというよりも昔のダイナースクラブカードの審査が厳しすぎたといった方が正確かもしれません。(今も他の流通系カードよりは審査が厳しいです)

今はサラリーマンでも取得できるので庶民でも手が届くクレジットカードであります。

では、一体どうして昔に比べてダイナースクラブカードの審査通過率が高くなったのでしょうか?
それにや理由があります。

(ダイナースクラブカードが昔より審査が甘く通過率が高くなった理由は?)

1)慢性的な日本の不景気が原因
古き良きバブルの頃・・・その頃は町中がバブルの雰囲気で溢れていました。
その頃は高級会員制のスポーツクラブ、高級会員制のなんちゃら~~などのサービスも沢山ありました。

クレジットカードも一部の富裕層だけをターゲットにしたカードがありました。

それがダイナースクラブカードとアメックスのゴールドカードでした。

しかしバブルも弾けて、余は慢性的な不景気の時代になり二極化も進んでいる今の日本・・今の日本はそういった富裕層向けのサービスは限定的になりました。(勿論あることはありますが・・)

それと同時にクレジットカード業界も代わりダイナースクラブカードも富裕層向けだけにターゲットを絞っている余裕が無くなったというのが正直な理由では無いでしょうか?

これはダイナースクラブカードだけに限らずアメックスのゴールドカードも同じです。

ダイナースクラブカードは富裕層向けは「ダイナースクラブプレミアムカード」に譲り、一般カードは庶民でも取得できるようになりました。

同じようにアメックスカードも、アメックスゴールドカードは今では庶民でも取得できるクレジットカードとなりました。

富裕層向けには「アメックスセンチュリオンカード(ブラックカード)」に譲ることに・・・。

そんな訳で不景気によりダイナースクラブカードもいつまでもカッコつけている余裕も無くなったというのが本音でしょう。

少しでも多くのサラリーマン層など庶民もカード会員にしていかないと商売にならないというのが現実です。


2)クレジットカード業界の乱立が原因

時代の流れとともにクレジットカードも乱立しております。

今では数えきれないほどのクレジットカードが世に出回っています。

それと同時にステイタスをウリにしたゴールドカードやプラチナカードも他社で乱発しております。

今の時代、ゴールドカードは別に珍しい物ではありません。
普通のサラリーマンは勿論のこと、フリーターでも取得できるゴールドカードもあります。

プラチナカードもまた然りで、それほどお金持ちでない人でもプラチナカードをゲット出来る時代です。

ブラックカードも年収が500万円程度あれば比較的簡単に取得できるブラックカードも最近登場しました。例⇒(ラグジュアリーカード

つまりゴールドカード以上のスタイタスカードは今の時代では庶民でも簡単に取得出来る時代になったので、別に取得が難しいダイナースクラブカードにこだわる必要もなくなったのです。

でもダイナースクラブカードも、このままでは指をくわえている訳には行きません!

ボ~~としていたらお客さんをどんどん他の審査の甘いゴールドカードや審査の甘いスタイタスカードを発行している他社に奪われてしまいます。

そんな訳でダイナースクラブカードも昔に比べて審査基準や申し込み資格のハードルを落として取得しやすくなったのです。

ちなみにこれはアメックスグリーンカードやアメックスゴールドカードに関しても同じことが言えます。

アメックスグリーンカードもアメックスゴールドカードも審査が厳しいのは過去の話で今はフツーのサラリーマンでも簡単にゲット出来るカードとなりました。

ダイナースクラブカードの申し込みはこちらです☆

ダイナースクラブカードの審査基準は?年齢と年収条件は?無職でも可能って本当?

まずはダイナースクラブカードの申し込み基準を・・・。

入会の目安は『27歳以上の方』となっています。
つまり年齢は27歳未満の方は審査に通るのは不可能か極めて難しいでしょう。

審査基準に関しては、ダイナースクラブカードが実際に審査基準を公表している訳ではありませんが、実際に申し込んで審査が通った人のデータを総合してみると以下の数値が明確です。

『年収が500万円以上』

つまりサラリーマンでも自営業でも公務員でも社長さんでも年収が500万円以上ないと審査通過は難しいでしょう。

これは実際にダイナースクラブカードに申し込んだ人達の口コミを見ても分かります。
審査に通った人のほとんどが年収500万円以上の人でした。

ごく稀に年収400万円の人が審査に通っているケースも見かけますが全体的には少ないです。

だからダイナースクラブカードの審査基準は「27歳以上で年収500万円以上の方」が最低限のボーダーラインとなります。

『ではダイナースクラブカードは27歳以上で年収500万円以上ならば派遣社員やアルバイト、パート、主婦、学生、年金受給者、無職でも良いの?』・・・と疑問に思う人もいるでしょう。

ダイナースクラブカードの申し込みフォームの職業欄に「契約、派遣、主婦、年金受給者、無職、パート、アルバイト、学生」も選択できるようになっています(2017年10月より)

従ってダイナースクラブカードは、建前上では派遣、アルバイトやパート、主婦、学生などでも申し込みは可能ということを示唆しております。

ただ、現状ではアルバイト、パート、派遣などの非正規雇用者や無職の方が取得するのは難しいといえます。

なぜならアルバイトやパート、派遣、無職の方がダイナースクラブカードの審査に通ったという口コミは見かけないからです。

今後もっと審査基準が甘くなるかもしれませんので、それに期待です!

ダイナースクラブカードの申し込みはこちらです☆

ダイナースクラブカードの種類とそれぞれのカードの審査基準

ダイナースクラブカードには色々な種類のカードがあります。

それらは一般のダイナースクラブカードと比べて審査基準は違うのでしょうか?
例をあげてみましょう。

ANAダイナースクラブカードの審査基準は?

ANAダイナースクラブカードは年会費が27,000円と一般のダイナースクラブカードよりも割高ですが、審査基準はそれほど変わり無いと思われます。

通常は年齢が27歳以上で年収500万円程度あればOKです。

勿論、事故歴(ブラック情報)が信用情報機関に無い事が前提です。

延滞など無くクレヒスがしっかり積まれていれば年収500万円以上で取得出来るでしょう。

銀座ダイナースクラブカードの審査基準は?

銀座にある600以上の特約店でご優待サービス、銀座ラウンジが利用可、ポイント2倍で家族会員は無料と銀座好きの方にはたまらない銀座ダイナースクラブカード。

年会費が25,000円(税別)で一般のダイナースクラブカードよりも割高ですが審査基準はそれほど変わりないでしょう。

27歳以上で年収500万円以上が審査基準の最低ラインといえます。

BMWダイナースクラブカードの審査基準は?

BMWのオーナーカードといえるクレジットカード。

ダイナースブランドですが、BMWオーナーには様々な特典があります。
還元率1%!BMW正規ディーラーでキャッシュバックがあります。
また、BMWエマージェンシーサービス、空港VIPラウンジも利用可能と魅力的なカード。

年会費は25,000円(税別)と一般のダイナースクラブカードよりも少し割高です。

審査基準は「27歳以上で年収500万円以上」が最低限必要。

おっと・・・・あとBMWを所有していることが前提かな?!(笑)


ダイナースクラブカードの家族カードの審査について

ダイナースクラブカードは家族カードが年会費5000円(税別)で発行があります。

家族カードを発行するのに審査が必要です。
審査に通らないとダイナースクラブ家族カードを取得できません。

ただ、家族カードの審査は非常に簡単で取得は難しくありません。
本カードの審査が通っているなら家族カードの審査に落ちることはほとんど無いでしょう。

家族カードは専業主婦、学生、アルバイト、パートでもOKです。

ただ本カード会員の経済状況や信用状況、クレヒスなどが怪しくなると家族カードの審査が落ちる場合もあるでしょう。

ダイナースクラブプレミアムカードの審査難易度と審査期間は? ~取得条件やインビテーション条件

ダイナースクラブプレミアムカードはダイナースカードの中では最上級のカード。

ブラックカードのステイタスがあると言われています。

当然取得は難しいカードです。

審査難易度や審査期間という概念はありません。
なぜなら原則インビテーション(招待)で取得できるカードだからです。

だからダイナースクラブカードの一般カードで利用実績を積んで初めてインビテーションが来ます。

ではダイナースクラブカードの一般カードをどれくらいの金額使えばプレミアムカードのインビテーションが来るのでしょうか?

実際にダイナースクラブプレミアカードの口コミを拝見してみると以下の数値が出てきました。

⇒年200万円の利用でインビテーション

⇒年400万円の利用でインビテーション

⇒年500万円の利用でインビテーション

⇒年1000万円の利用でインビテーション

・・・・以上、口コミを見てみると年間の利用額にかなりの開きがあります。

年間1000万円以上使ってインビテーションがくる人もいれば、年間200万円程度の利用でインビテーションが来る人もいます。

ひょっとしたらダイナースクラブプレミアムカードはそれほど取得難易度は難しくないのかも?!

あと、ダイナースクラブカードの所有者が自分自身でヘルプデスクに電話して、アップグレードしてもらうという手もあります。

これで取得できた人が結構おります。

またダイナースクラブプレミアムカードを持っている人からの紹介があると取得しやすいとの声も聞きます。

ダイナースクラブカードの申し込みはこちらです☆

(おさらい)ダイナースクラブカードの特徴とメリット・デメリット

(ダイナースクラブカードの特徴)
・年会費:22,000円(税別)

・申し込み基準:27歳以上の方

・最高1億円の国内、海外の旅行障害保険

・年間最高500万円のショッピング、リカバリー保険

・ポイント還元率は0.3%~1%

(ダイナースクラブカードのメリット・デメリット)
・とにかくステイタスが高い。持っていれば周囲から凄いと言われる

・女にモテる(笑)

・色々な店舗で使えばお店の人に一目置かれる

・ポイントで旅行代金が支払える

・マイル還元率が良い(1000ポイント=1000マイル)

・充実した付帯サービス

・他社のクレジットカードと比較して一般カードでもプレミアムカード並のステイタス


(ダイナースクラブカードのデメリット)

・27歳以上でないと申し込み出来ない

・年収が500万円以上ないと取得は難しい

・年会費が22,000円する

・ポイント還元率が低い

・ダイナース、JCBの特約店しか使えない

ダイナースクラブカードの申し込みはこちらです☆

ダイナースクラブカードの審査口コミのまとめ

⇒26歳でも取得が出来た

⇒年収450万円の30代女性でも取得できた

⇒勤続8ヶ月でも取得できた。

⇒固定電話無くても取得出来た

⇒3ヶ月以内に5社連続申し込みをしても審査可決できた。

⇒年金暮らしでも取得

⇒在籍確認無しで取得出来た

⇒30代、年収420万円でも取得できた

⇒申し込みブラックリストでも取得できた

⇒転職、転居直後でも取得できた。

ダイナースクラブカードの申し込みはこちらです☆